1歳半の女の子が喜ぶぬいぐるみはどんなの?失敗しない選び方

✔️ 1歳半の女の子が喜ぶぬいぐるみは、どんなものを選んだらいいか?と悩んでいる方

 

こんな悩み解決します。

1歳半になると、赤ちゃんから幼児への移行期に入るこの時期。

心の成長もめざましく、感情表現が豊かになってきます。

喜怒哀楽をはっきり表せるようになり、自我が発達して自己主張もますます強くなり早くも『イヤイヤ期に突入?』って感じますよね。

ママはより一層、子供から目が離せません。

そしてママは、洗い物や洗濯を干したり畳んだりするときに、ちょっと大人しくしてて欲しいなぁって

ママの欲求も高くなってくるこの時期

家事をしている少しの間だけでも、子供の相手をしてくれる代わりがいればいいなぁ

って思うことよくありますよね。

そこでママの代わりに思いつくのが『ぬいぐるみ

よし!購入しようとそう思う一方で、

・子供がぬいぐるみを気に入らなかったらどうしよう?

・どんなぬいぐるみをあげるのが一番気に入ってくれるかな?

っと、そんな疑問が湧いてくると思います。

せっかく買うのに、子供に喜んでもらえて、さらに気に入って長く遊んでもらえる方が良いですもんね!

この記事では私が実際に娘が1歳半の時にあげてよかったなと思うのぬいぐるみの紹介と失敗しないぬいぐるみの選び方をご紹介します。

 

1歳半の女の子が喜ぶぬいぐるみの選び方

1歳半の女の子が喜ぶぬいぐるみ

1歳半の女の子が喜ぶぬいぐるみの選び方は、

いままでの成長過程で見たりしていた馴染みの『お気に入りキャラクターのぬいぐるみ』をあげるのが一番いいです。

具体的なアドバイスとしては、

1歳半だとほとんどのママが見せているいないいないばぁの

『わんわん』や『うーたん』のキャラクターは、確実に喜びます。

子供にぬいぐるみを与える時の失敗しないポイントは、『いままでの成長過程で見たりしていた馴染みのお気に入りキャラクター』です。

それは、なぜか、、、

 

与えて方の失敗!?

私が与えて失敗したぬいぐるみは、大人目線ではかわいいんだけど娘が全く知らないキャラクターの人形でした。

娘が知らないキャラクターの人形は、興味すら湧かず、今までで一度も遊んでないんじゃないかな?ってくらい隅に置かれています。

なぜそうなるのか?

原因をしらべてみると

1歳半の子供は自分と他人との違いがわかるようになってくるので、周囲の人に興味を持ち始めます。記憶力も発達してきて、経験した記憶をもとに少しずつ物事の予測がたてられるようにもなるでしょう。

その一方で、周囲への警戒心が強くなり、初めての場所や場面でとくに不安が強くなる時期でもあります。そんなとき、活動の拠点となる「安全基地」がママやパパの存在です。安全な基地があるからこそ、子どもは興味のあるものを探索しに出かけ、少し不安になるとまた基地に戻って安心するということができます。この行動を繰り返しながら、子どもは成長していくのです。ですから、子どもが安心できるよう基地となれるよう、いつも笑顔で子どもの行動を見守ってあげてくださいね。

引用:マイナビウーマン子育て

 

1歳半の子供は周囲への警戒心が強くなるってところにヒントが!

子供に知らないかわいいキャラクターのぬいぐるみを与えても

『だれ?』『怖い』『知らない人』

と、馴染みない存在は警戒してまだ受け入れられないんでしょうね。

だから、大人目線でかわいいぬいぐるみを与えても興味を示しません。

よって、1歳半くらいの子供には興味を示したものを与えるのが、失敗しないコツとも言えます。

これからは、ぬいぐるみやおもちゃを与える前には、いろいろ仕込んでおかないといけないですね!

 

ママが喜ぶ子供に
ぬいぐるみを与える3つメリット

ぬいぐるみの選び方

子供にぬいぐるみを与えるのは、知育や心を育てたり、育児がスムーズになったりと、とっても良いんです。

順番に説明していきますね。

ぬいぐるみの知育への期待

ぬいぐるみを触ったり、握ったりすることで赤ちゃんは、はじめての手触りを経験します。

音の鳴るぬいぐるみは赤ちゃんの聴覚を刺激したり言葉を覚えるきっかけにも役立ちます。

赤ちゃんはぬいぐるみ遊びを通してたくさんの感覚を学んでいきます。

 

ぬいぐるみは心を育てる

赤ちゃんの時から与えたぬいぐるみは〜4歳くらいまで遊べるアイテムではないでしょうか?

2歳半くらいの頃には、ぬいぐるみを使ったごっこ遊びをするようになります。

子供はごっこ遊びを通じてぬいぐるみの気持ちになったり、生活の再現をしたりして、想像力や相手の気持ちを思いやる力などを育んでいくきます。

子供はお気に入りのぬいぐるみを肌身離さず、常に一緒にいることが多い印象ですよね。

子供はお気に入りのぬいぐるみを通じて『人や物を大切にする気持ち』も養っていきます。

 

育児がスムーズになる

育児が大変なママにとってここに期待も膨らみます。

子供にとってお気に入りのぬいぐるみは唯一無二のお友達になります。

子供が食事やお風呂、歯磨きを嫌がったとき、パパママの言うことを聞いてくれないとき、パパママがぬいぐるみになりきって「ごはんたべようよ」と子供に話しかけてみると、子供が「ぬいぐるみと一緒ならやってみようかな」と前向きな気持ちになります。

我が家で一番大変だったのが、食事

うーたんが好きな娘に、うーたんが『ブロッコリー食べよう』『うーたんがあげるね』

なんて、うーたんのぬいぐるみ片手によく食事をさせてました。

効果はバツグン!おすすめです。

また、いつも一緒に過ごしているぬいぐるみは寝かしつけアイテムとして最強です。

寝る前も食事同様に『うーたん』や『わんわん』に誘導して布団に何度も誘導しました。

このように、ぬいぐるみはママ一つのアイディアで育児をスムーズにしてくれる効果が確実にあります。

 

1歳半の女の子が喜ぶのは、
どんなぬいぐるみ?
失敗しない選び方 まとめ

以上、1歳半の女の子が喜ぶのは、どんなぬいぐるみ?失敗しない選び方はいかがでしたか?

物心ついてきた子供には、キャラクターのぬいぐるみにはかなりお世話になりました。

新生児の時に頂いたぬいぐるみもあると思いますが、1歳半くらいの子供には普段興味があるぬいぐるみを1つ用意しておくと育児もスムーズになります。

これは、育児が大変で悩んでいた時に私はかなり助けられました。

ぜひこのスムーズにいった体験をあなたにも体験してもらえたら嬉しいです。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。

あなたの生活がわくわく豊かになりますように…Good Luck!!

私が育児に使用しとても助かったぬいぐるみ

>>Amazonベビーレジストリの特典で10%OFF!出産準備お試しboxの中身公開

 

あなたは子どもの育玩具選び自信はありますか?

こんなお悩みの方におすすめ!

・子どもにどんなおもちゃを買えばいいかわからない…
・どんどん増える子どものおもちゃ…どうすればいいの?
・せっかく買ったおもちゃなのに全然遊んでくれない…
・忙しくておもちゃをじっくり選ぶ時間がない!
・知育玩具ってなにを買えば良いのか不安…

この悩みは一発解決できる方法があるんです。

おおにっち
プロに任せたおかげで1歳10ヶ月で積木を12個積み上げることができるようになりました!
その他に、言葉も4語文、5語文喋れて小児科の先生にも驚きの成長
ちょっと自慢です。。。
1歳半の女の子が喜ぶぬいぐるみはどんなの?失敗しない選び方
最新情報をチェックしよう!
>あなたは知育に自信ありますか?

あなたは知育に自信ありますか?


僕はある方法で
効率よく知育できました
こんなお悩みの方におすすめ!
・子どもにどんなおもちゃを買えばいいかわからない...
・どんどん増える子どものおもちゃ...どうすればいいの?
・せっかく買ったおもちゃなのに全然遊んでくれない...
・忙しくておもちゃをじっくり選ぶ時間がない!
・知育玩具ってなにを買えば良いのか不安...

この悩みは一発解決できる方法があるんです。

CTR IMG