絶対にしてはいけない子どもの1つの怒り方・叱り方

絶対にしてはいけない子どもの1つの怒り方・叱り方

おおにっち
こんにちは。調理師歴10年おおにっち(@oonicchi0504※フォローお願いします)です。
だちゃまる
子供の怒り方って悩んでしまうわ。言い方キツかったかな?傷ついてないかな?言いすぎたなぁ〜とか色々と悩むの。。。
おおにっち
本質では子供に対しての愛だったりするんだけどね。なかなか子供には伝わらないよね。また、伝わっているかなっと悩んでしまうものだよ〜

今回は、子供の成長にとってとても大切な『怒り方』『叱り方』について紹介していきます。

僕は2歳児がいるので日々の経験をママさんパパさん向けに伝えさせてもらいます。また、仕事でも人財育成として本質は同じなので参考にしてみてください。

怒ると叱るの違いは?

まずここでしっかりと認識していかないといけないのは、『怒る』と『叱るの』違いです。

怒る=感情ありき

叱る=目的がある と定義しています。

叱るは相手の成長を促すこと。相手の『できていない点』や『改善すべき点」を指摘し、目的に向かって成長できるように促すことです。

冷静になって子どもに伝えているニュアンスです。

しかし『怒る』は、そういった目的はありません。ただ自分の感情をぶつけているだけです。この違いを明確に理解することがまずとても重要です。

つまり、叱るは心が子どもと通い合い、怒るのはパパママの一方通行と言うことも言えます。

『何度叱っても伝わらない』と言う原因は叱っていると思っていても実は怒っているからと言えるでしょう。

はじめは、子どもの悪いところを直そうと、叱っていたがいるの間にか感情的になり、怒りをぶつけるだけの行為になっていたのかもしれません。

叱る時に重要なのは、子どもを叱っているのか、怒っているのか、冷静に判断してみましょう。

これだけでも、子どもへの伝わり方も変わるかもしれません。

正しい叱り方をするば3つのメリットもが期待でます。

①正しく叱ることで命の安全を守ることができる

命の安全を守るためにも、正しく叱ることが大切です。時には感情を露わにして叱ることも必要。

それは、ふざけて道路に飛び出そうとしたり、正しく叱って子供に伝えなくてはならない時もあるのです。感情を乗っけて怒るニュアンスを含めた愛のある叱り方をしましょう。

命の危険に関わることは叱らなければ子どもに伝わらず守れません。

しっかり叱って子どもの危機管理能力を高めていきましょう。

②正しく叱ることで他人を傷つける行為を防げる

人を傷つける行為は『絶対にしてはいけないこと』と正しく叱るべきです。

誰であろうと、暴言や暴力はいけません。今はSNSなど見えない暴力で悩む人もいます。

誰もが大切に思ってくれる人がいて、暴言暴力でつけることは相手だけではなくその人の周りの人まで悲しませてしまいます。

暴言暴力から得られるメリットは何一つないと伝えましょう。

③正しく叱ることで社会のルールを知らせる

パパママに叱られることで、子どもは社会のルールを学んでいきます。

何が良くて何が悪いかを学ぶのはパパママにかかっているのです。子どもが間違ったことをした時に、叱る人がいなければ、悪いことを知らずに育ってしまいます。

社会の場は様々な人と関わります。身勝手な行動は周囲に迷惑ばかりか、大きな事故にも繋がりかねません。しっかり叱って社会のルールを教えていきましょう。

だちゃまる
叱るってやっぱり大切なことよね。よく理解して教育していないと不安だわ

上手に叱り子どもを伸ばす4つの方法


  1. 子どもの目を見て叱る
  2. 子どもの気持ちを理解し、肯定してから叱る
  3. 叱った理由を説明する
  4. 改善できたら一度褒める

子どもの目を見て叱る

まず子どもとしっかり向き合い、目を見て叱りましょう。

目を見ないで伝えても伝わらないですよね。誰に言ってるの?ってなります。

叱る時は叱ることに集中して、目を見て叱りましょう。家事などやることが多いですが、それよりも重要です。一旦手を止めて向き合いましょう。

子どもの気持ちを理解して、肯定してから叱る

なぜ?どうして問題を起こしてしまったのか?気持ちを聞いてあげましょう。

パパママが叱る理由があるように子どもにも理由があります。理由を聞かず否定してしまうと子供は自信をなくし、消極的な考えになってしまいかねません。

一番の信頼者であるパパママに否定されては、自信もなくなります。

いけないことをしていたとしても、『〜なになにしたかったんだね。』と認めてあげましょう。その後に『でもね〇〇すると△△と言うことが起きるからやめようね。』と理解されやすく、子どもの自尊心も傷付けずに済みます。

叱った理由を説明する

大人には言わなくてもわかるようなことが子どもにはわかりません。理由を説明せず頭ごなしに叱ってしまうと反抗的になり、聞く耳を持ってくれないこともあります。

まずどうして叱られているのか分かるように説明してあげましょう。理由がわからなければ何を治した方がいいのか分からないからですよね。

パパママは忙しく説明を怠ってしまいがちですが、理由を説明して子どもが納得してくれた方が、改善が見込めます。

改善できたら一度褒める

子どもが間違えを改善したら褒めましょう。

叱りっぱなしは、子どもの自信喪失になりかねません。大人もそうですよね。上司に叱られっぱなしだと自信がなく小さなことでもミスや失敗が多くなることも

叱りっぱなしを止め、改善したら褒めることを徹底してバランスを保ちましょう。

子供はパパママに認められることを愛情と実感することで自己肯定感が高まります。

『叱る』と『褒める』はセットで意識していきましょう。

だちゃまる
なるほどね〜大人でも同じこと言えるわよね〜でも、分かっていてもイライラして怒ってしまう時あるわ

手が空いた時に読めます♪

しかし分かっていても怒ってしまう

 

上記を理解して、さっそく感情的になって怒ることをやめましょう!と言っても、なかなか難しいです。

子育てしていると、思い通りにならなくてイライラしちゃいますよね。子育てに集中していて

『なんでこのタイミングでやるの!』とか『さっき言ったばかりじゃない』とか

本当に疲れてイライラします。現に僕もイライラしないように意識していても、イライラしてしまいます。人間は感情的な生き物なので仕方ありません。

もし、子どもに感情的に怒ってしまったら、その時は少し肩の力を抜いて

『感情的に怒ってしまうくらい余裕がなかったんだなぁ』

『怒ってしまうくらい疲れてるんだなぁ』

と感情を客観的に眺めるようにして、怒ってしまった自分を赦してあげてください。そもそも「怒る」っているのは当たり前の感情なので仕方ありません。

子どもが成長するように親も成長していきます。その姿勢も子どもはみてますから

ただ、子どもに怒ることが悪くないとは言っても、絶対にやってはいけない怒り方はあります。

だちゃまる
子どもだけではなくパパママのメンタルケアもとっても大切

子どもに絶対に使ってはいけない怒り方

子どもに絶対に使ってはいけない怒り方は

子どもの存在を否定する怒り方です。

  • 『〇〇なんてもうしらないあっち行って』
  • 『なんでこんなこともできないのバカなの?』
  • 『△△ちゃんの方がイイ子あなたは出来損ないよ』
  • 『〇〇なんて嫌い』

と言ったように子どもの存在そのものを否定するような怒り方はどんなことがあっても、言ってはいけません。

どれだけイライラしていても子どもが悪いことをしたとしても怒って良いのは『行為』だけです。

子どもの存在自体を否定するのは全く違います。

夫婦でも仕事でも一緒です。あなたがミスした時に

『これは大きなミスに繋がるから気をつけて』と行為を注意されてら次は気をるけるように意識しますよね?

しかし

『こんなこともできないの?もういらないわ』って言われたらどうでしょ?

自信もなくすし、怒られないようにミスしないようにとマイナスな考えになってしまいますよね。

子どもも同じです。

行為を怒られる分には納得がいくし、解決策もわかります。納得するんです。

そして、自己肯定感もそこまで下がりません。

しかし、存在を否定されてたら、子どもの自己肯定感はどんどん下がっていきます。

そこさえ注意して怒るようにしてくださいね。

あわせて読みたい関連記事

自己肯定感が低い子どもにならない為の3つの方法

だちゃまる
すぐ完璧にできればイイけど、怒ってはいけないポイント知るだけでもだいぶ違うわね!

絶対にしてはいけない子どもの1つの怒り方・叱り方 まとめ

絶対にしてはいけない子どもの1つの怒り方叱り方はいかがだったでしょうか?

してはいけないことに注意すれば分かりやすいですよね。子どもはとても繊細です。人格否定、存在否定をせずに叱るとこは叱っていきましょう。

パパママも子どもからのいろいろなことを逆に教わることも多いはず。僕も本当に大切なことは何かをよく考えさせられてます。

いつも自分はなんでできないんだろうって悩みます。でも僕はいつも完璧な人間はいないよな〜みんな学んで改善してる人を完璧に映るんだなって思います。だから僕は子どもと学びどんどん豊かに一緒に成長していくことが幸せで楽しみです。

子どもの脳は無限大の可能性を秘めています。今のうちにどんどん教えてできるを増やして

自己肯定感を上げていきましょう!

日本の高齢化はどんどん進み日本の企業は外人雇用に力を確実に入れていきます。

これは紛れのない事実。世界共通語の英語はマスターしていた方が断然今と比べ物にならないくらい生きやすい世の中になってきます。うちの子はまだ2歳なので英語を聞かせる程度ですがもうそろそろ英語教材に視野を入れています。

無料サンプル資料請求、カウンセリングできたのでしてみました。オンラインなのでコロナも安心です♪

自粛生活をしなくてはいけない今だからこそ試すのもありですよ。オンラインは様子も見れるし安心です。

あなたは子どもの育玩具選び自信はありますか?

こんなお悩みの方におすすめ!

・子どもにどんなおもちゃを買えばいいかわからない…
・どんどん増える子どものおもちゃ…どうすればいいの?
・せっかく買ったおもちゃなのに全然遊んでくれない…
・忙しくておもちゃをじっくり選ぶ時間がない!
・知育玩具ってなにを買えば良いのか不安…

この悩みは一発解決できる方法があるんです。

おおにっち
プロに任せたおかげで1歳10ヶ月で積木を12個積み上げることができるようになりました!
その他に、言葉も4語文、5語文喋れて小児科の先生にも驚きの成長
ちょっと自慢です。。。
最新情報をチェックしよう!
>あなたは知育に自信ありますか?

あなたは知育に自信ありますか?


僕はある方法で
効率よく知育できました
こんなお悩みの方におすすめ!
・子どもにどんなおもちゃを買えばいいかわからない...
・どんどん増える子どものおもちゃ...どうすればいいの?
・せっかく買ったおもちゃなのに全然遊んでくれない...
・忙しくておもちゃをじっくり選ぶ時間がない!
・知育玩具ってなにを買えば良いのか不安...

この悩みは一発解決できる方法があるんです。

CTR IMG