おもちゃを節約賢くすべき!レンタルサービスベスト3を比較

子どものおもちゃを賢く節約すべき!レンタルサービスベスト3を比較

✔️子どもにどんなおもちゃを買ったら良いか悩んでる方
✔️知育玩具でお悩みの方
✔️賢く節約したい方

 

おおにっち
こんにちは。調理師歴10年おおにっち(@oonicchi0504※フォローお願いします)です。
おおにっち
子どものおもちゃって意外と費用かかりませんか?100円台から買える安いものもありますが、チリツモと言うか、気がついたら買っていて家計簿みたら使いすぎかなって…
おおにっち
子どもの喜ぶ顔を見たく、気に入ってくれるかな?って奮発したおもちゃを買ったはいいけど全く遊ばないって失敗した経験ありませんか?
だちゃまる
子どもは可愛いから『まぁっいいか!』で、終わらせてしまうんだよね。。。

今回は子どものおもちゃレンタルサービスについてガチおすすめを紹介します。

知育にとってもいいおもちゃ。

我が家はおもちゃのレンタルサービスを利用していて1歳10ヶ月で4語文5語文、喋れるほかに、積木は2cm角の積木を12個重ねてるまでに順調に成長できました。ググってみると2〜3個が目安なんです!

発育の目安→https://www.jac-youjikyouiku.com/data/hattatunomeyasu.pdf

ちょっと我が子自慢になってしまいますが、写真を見てください。色の認識・仕分けもしっかりとできています。

👇娘が遊んでる積木👇

話が外れてしましました。

では本題へ、ちょっと考えてみてください!

あなたはお子さんにお金かけすぎてませんか?

振り返ってみましょう。

朝起きて→オムツ取り換え→朝食たべて→オムツ取り換え→おもちゃで遊んで→買い物行き→おやつねだられて買って→昼食とり→オムツ取り換え→公園へ行って→おやつ食べ→オムツ取り換えて→夕食→お風呂入って→おもちゃで遊んで→オムツ取り替えて→

と、ざっくりこんな感じでしょうか?

オムツと言うキーワードが出てきましたが、特売でオムツが安くても1枚15円はしますよね?平均は18円くらいでしょうか。大きさによっても変わってきますし意外とお金がかかっているものです。

うちの娘には肌荒れしないように、こまめに取り替えているので1日多い時10枚は取り換えます。お得な定期便をつかってもオムツだけで1日156円かかっています。

では、子育てに1日にいくらかけているでしょうか?

【我が家の2歳児の場合】

食費 20,000円
洋服 3,000円
オムツ 5,000円
消耗品 3,000円
その他 5,000円

合計 36,000円
1日当たり1,200円さらに+おもちゃ代がかかってきます。

これにおもちゃを購入すると平均で月5,000円プラスいっちゃいますよね。そうすると1日当たり1,366円我が家では費用が掛かっています。

こどもは無限の可能性を秘めてるって思い、他にも知育玩具なども衝動買いしていたりしたらもっとかかってるかもしれませんね。

ちなみに世間一般的な2歳児がかかる費用は年間942,715円月/78,559円)です。

※Hug Kum小学館調べ

えっ!みなさんお金ありますね。。。笑

一般的な費用は1日当たり2,582円も掛かっています。※おもちゃ代含む

ちょっとびっくりしませんか?

はじめての子どもだと、どうしても色々買ってあげたい気持ちはわかります。僕もそうでしたから

しかし現実を見てもうちょっと抑えるべきです。

そして抑えられるんです!

食費を抑えたり、ムダな消耗品を抑えたりと様々な努力も必要ですが、生活水準を下げてまでとは言いません。

もっと賢く節約しませんか?むしろ子どもの満足度は上がると思う提案が『おもちゃのレンタルサービス』です

あなたの幼児の時を思い出してください。何のおもちゃで遊んでましたか?

僕は覚えていません。笑

本当に気に入って遊んでたおもちゃは1つか2つではないでしょうか?

そうです。どれが好きなおもちゃか分からず買い与えても、お子さんが気にいるのは1つか2つなんです。

しかも、何のおもちゃが’’本当’’に気にいるかは実際家で与えないとわかりません。おもちゃ売り場では何でも欲しいと子どもはいいますから

おもちゃのレンタルでは、その買って失敗するかもって悩むする心配はありません。取り替えられますからね!

さてどんなおもちゃのレンタルにメリットがあるか紹介していきますね。

おもちゃのレンタルサービスのメリット

おもちゃレンタルサービスとは、おもちゃを一時的にレンタルして利用できるサービスです。

子どもは本当にすぐに成長をするので、小さい頃に購入したおもちゃは即使わなくなってしまいます。せっかく購入したおもちゃもすぐに使わなくなってしまったらおもちゃの購入したお金が無駄になってしまいます。

また使わないおもちゃが自宅にたくさん増えてしまうと場所を取ってしまうデメリットがありあます。

捨てるのもお金が掛かりますしね…

メリット1 0歳児から用意されている

0歳から利用できるおもちゃが用意されているので、赤ちゃんのおもちゃもレンタルができます。

赤ちゃんの成長も早いのでおもちゃを購入してもすぐに使わなくなってしまいます。

購入したおもちゃが無駄になったり家の中に増えていってしまい、捨てるか残すか迷いますよね。

レンタルを利用すればレンタル期間だけおもちゃを借りる事ができるので、赤ちゃんなど成長が早いお子様にとても合理的です。

ちなみに取り扱っているおもちゃは業者により対象年齢が違います。0歳3ヶ月から3歳まで利用できるおもちゃを扱っている業者もあれば、0歳3ヶ月から8歳の子供が使えるおもちゃをレンタルできる業者もあります。後で詳しく紹介しますね。

メリット2 おもちゃのインストラクター在籍している

子どもにおもちゃを購入するときに、なにが気にいるかな?どんなものが教育に良いかな?って迷ってしまう親も多いでしょう。

幼児用のおもちゃを購入するときは成長に合わせて知育玩具を選べば、子供の能力を伸ばすことができます。

小さい子どもが利用できるおもちゃが多いレンタルサービスは知力やIQを伸ばすことができます。知育玩具には種類が多く知育玩具により学習できる要素が違います。

そのためおもちゃを購入をするときには親側のおもちゃに対する知識が必要です。

しかし、その悩みも解決してくれるのがおもちゃのレンタルサービス。

おもちゃのレンタルサービスにはベビーインストラクターやコンシェルジュが在籍している場合が多いです。

ベビーインストラクターは0歳や1歳の子供の発達問題を理解していて、必要となる知育玩具を把握しているプロフェッショナルです。

顧客ごとにベビーインストラクターが個別のおもちゃレンタルプランを作ってくれるところも魅力的で、子供に合ったおもちゃを提案してくれるのでとても便利です。

メリット3 衛生管理の徹底

昨今コロナウイルスでさらに衛生管理は注意徹底されています。

おもちゃレンタルサービスは他の子どもが利用したものを回収して、再びレンタル商品としてサービスをしています。そのため衛生面について不安のある人もいるでしょう。

基本的におもちゃレンタルサービスでは回収したおもちゃを徹底的に消毒殺菌行っているので安心して利用できます。

衛生管理についてはおもちゃレンタルサービスの公式ホームページ、YOUTUBEで紹介をしているところがほとんどです。ホームページに確認か直接問い合わせてみると良いでしょう。

メリット4 免責補償で安心して利用できる

子どもはおもちゃを壊してしまう可能性があります。

そこが一番心配してしまいますよね。

安心して利用するにも免責補償が用意されているおもちゃレンタル業者を選択するのが良いです。

免責補償はいくらかのコストを支払うことによって、破損や紛失等のトラブルに対応できるサービスです。トラブルが起きたときに違約金の支払いをする必要がなくなるので安心度が高いでしょう。

ちなみに免責補償の仕様についてはサービスにより異なります。例えば1商品に付き都度免責補償代金がかかるところもあります。

おおにっちのおもちゃレンタルサービス ベストランキング3

おもちゃのレンタルランキング第3位

3位キッズラボラトリー


特徴

・対象年齢 0歳〜8歳
・おもちゃの特徴 キャラ系が豊富
・料金 月額 税抜き2,380円〜※送料別


キッズラボラトリーは「LINEでおもちゃの希望をだして、1か月に1回おうちにおもちゃが届く。返却後に新しいおもちゃが届く」流れです。※プランによって変わる

ご購入後、お子様とおもちゃを使ってみたけれども、お子様がまったく見向きもしないなど、当サービスが不要な場合には、初回購入者に限り商品が届いてからの30日間、全額返金をしてくれるのも安心ですね。

その他にも

と安心感がありますね。

その他にもコンシェルジュが在籍していますので、保護者や子どもの要望に相談に乗ってもらえます。

プランにもよりますが、3〜7アイテム毎月送られてきます。総額15,000円以上のものです。

買う予算の3倍にもなります。

デメリットは送料が1,000円かかってしまいます。

その点を抜かせば1位にもなれた内容です。

 

おもちゃのレンタルランキング第2位

第2位トイボックス


特徴

・対象年齢 0歳〜4歳
・おもちゃの特徴 ブランドのおもちゃ多数
・料金 月額 税抜き2,980円〜


トイボックスは「LINEでリクエストを出す」流れです。

料金も送料を抜かしての価格なので超お得!※北海道と沖縄は400円

スタンダードプランは。おもちゃの交換が不可なので、プラス160円出すだけで交換ありのプレミアムプランがおすすめ!

おもちゃのブランドは、NeafBRIOHABAFisherPriceなどの欧州ブランドに、エド・インター、公文など日本のブランド知育玩具も取り揃えています。

TOYBOXは、電子音がなるおもちゃより、木でできたおもちゃが届くことが多いです。

木でできたおもちゃは温もりもあっていいのと、買うとちょっと高いからお得ですね。

ただ、デメリットして交換サイクルが2ヶ月なので、飽きやすい時期の子どもには不向きかも…

経済的な安さで2位にランクイン!

おもちゃのレンタルランキング第1位

第1位トイサブ!


特徴

・対象年齢 0歳〜4歳
・おもちゃの特徴 ブランドのおもちゃ多数
・料金 月額 税抜き3,240円〜


トイサブは発達段階にあった知育玩具を認定ベビーインストラクターが3万件のデータを見つつ、個別に選んでくれるのが魅力です。

おうちに届く知育玩具は、すべて「認定ベビートイインストラクター」が選んでいます。

「認定ベビートイインストラクター」は社団法人・日本知育玩具協会が認定する資格

プロが選んだものはやはり視点が違います。その手のプロの意見を聞けるのは目から鱗ですね。

子どもの発達にあったおもちゃが毎回届くのが楽しみです。

やはり、多くのメディアにも紹介されていて、人気も高いのです。

安心なのは、もし、おもちゃが紛失してしまっても弁償が最大1000円で済むことです。

最大のメリットは認定ベビーインストラクターに相談できることが一番の強みではないでしょうか?

その結果継続率は驚異の97%

全国一律送料込みも魅力的な価格設定です。

どんなおもちゃが届くの?
成長に合わせて届けてくれるのがとても嬉しいですよね!

子どものおもちゃを節約すべき!レンタルサービスベスト3を比較 まとめ

以上子どものおもちゃを節約すべき!レンタルサービスベスト3を比較はいかがだったでしょうか?

知らず知らずに子どもにかけているお金。ちょっとしたことで節約できなおかつ、グレードが良いものが手に入ります。

知るか知らないかでかなりの差が出てしまいますね。

レンタルサービスを使えば、かなり節約になります。通常15,000円分も買えませんよね?

もし買ったとしたら、年間でおもちゃ代が18万円です。仮に8歳まで購入したら、最大144万円です。

レンタルサービスだと、年間で42,768円(Toysub!)仮に8歳まで購入をしたら342,144円

トータルで約110万円もの差がつきます

110万あれば他のことに、もっと子どもへ投資できますよね?

100%違った世界が開けます。ぜひお得なレンタルサービスの利用を検討してみてください。

我が家はToysub!を利用していて1歳10ヶ月で4語文5語文を喋れるほかに、積木は2cm角の積木を12個重ねてるまでに成長できました。ググってみると2〜3個が目安なんです!

成長の目安→https://www.jac-youjikyouiku.com/data/hattatunomeyasu.pdf

100%違った世界が開けます。ぜひお得なレンタルサービスの利用を検討してみてください!
ただ、上記のおもちゃレンタルサービスの弱点は、大型のおもちゃがないこと。
大型おもちゃの代表例は滑り台。
滑り台が欲しい、でも滑り台を買うには場所も取りずっと置いておくのはちょっと…ってなりますよね。その時は単発レンタルできる業者がおすすめ!
レンタルで試して、気に入ったおもちゃは実際に購入してあげると喜びますよ!!
最後まで読んでいただきありがとうございます。
あなたの生活がより豊かに『good Luck!』
最新情報をチェックしよう!
>あなたは知育に自信ありますか?

あなたは知育に自信ありますか?


僕はある方法で
効率よく知育できました
こんなお悩みの方におすすめ!
・子どもにどんなおもちゃを買えばいいかわからない...
・どんどん増える子どものおもちゃ...どうすればいいの?
・せっかく買ったおもちゃなのに全然遊んでくれない...
・忙しくておもちゃをじっくり選ぶ時間がない!
・知育玩具ってなにを買えば良いのか不安...

この悩みは一発解決できる方法があるんです。

CTR IMG